単なるITなど無意味だ

勝手に世界とナレッジマネジメント

Windowsの起動を速くする設定方法

WindowsPCは、使用期間が長くなればなるほど、起動速度が低下していきます。そこで、少しでも起動を速くするWindowsの設定方法をまとめました。

1.スタートアップにソフトを入れない

WindowsXPなら『スタート⇒全てのプログラム⇒スタートアップ』と辿って見て下さい。このスタートアップに入っているソフトは、Windowsの起動時に自動的に実行されることになるので、余計なソフトを入れないことで、起動が高速化できます。常駐を切る方法は、単純にメニュー名を右クリックして「削除」とするだけです(下の図左)。

またWindowsでは、スタートアップに登録されていなくても、バックグラウンドで自動実行されるという厄介なソフトも少なくありません。これらも自動実行を切ることで、高速化が図れます。通常ではレジストリをいじるなど複雑な方法でしか切れませんが、初心者が最も簡単に行う方法は「窓の手」というフリーウェアソフトを使うことです。

2.タスクトレイの常駐ソフトを減らす

Windowsのタスクトレイに常駐するソフトも、やはり起動を遅くする原因になります。画面右下の時計や日時の横に、アイコンが沢山並んでいれば、おそらく無駄なソフトが沢山常駐しています。色んなソフトをインストールしていると、勝手にタスクトレイに常駐するお節介なソフトも少なくありません。ありがちなのが年賀状ソフトで、年一回しか使わないものを常駐させるなど馬鹿らしいですから、必ず整理しておきましょう。他にも音量調節や画面調節なども常駐しますので、必ず非表示にしましょう。設定方法は、多くの場合はソフトのアイコンを右クリック⇒プロパティの中か、実際にソフトを起動して「ツール⇒オプション(設定)」などの項目内に、常駐の設定欄があるはずです。右図はコントロールパネルのサウンドから、音量調節アイコンを非表示にする所です。

3.デスクトップにファイル・フォルダを置かない

初心者にありがちなのは、Windowsのデスクトップ画面に大量にファイルやフォルダを置いている人です。しかしデスクトップにアイコンが大量にあると、確実に起動に掛かる時間が増えます。デスクトップをすっきりさせるだけで、起動時間は早くできます。

4.ノートン以外のウイルス対策ソフトにする

アンチウイルスソフトで世界1売れていると言われる「ノートンアンチウイルス」は、信頼性という面では最も優れていると思いますが、動作が極めて重いことでも知られています。最近ではテレビCMで「ノートンは軽い」というPRをしていますが、他社製品と比べれば全然軽くないよ!と突っ込みを入れたくなります・・・。

ネットブック(UMPC)のような非力なマシンでノートンを動かすのは、現実としてかなり苦しいです。ネットブックでは、ウイルス対策ソフトの中でダントツで軽い「NOD32 アンチウイルス」に変えれば、起動時間が劇的に短縮されます。

   

免責事項&プライバシーポリシー | デジカメデータベース | HOME
単なるITなど無意味だ
Copyright (C) 2010 pc.nf4hou.com All Rights Reserved.