単なるITなど無意味だ

勝手に世界とナレッジマネジメント

動画ソフトで静止画の画面キャプチャーが出来ない問題の解決方法

仕事関係で、動画再生ソフト・WMP(ウインドウズメディアプレイヤー)の画面を静止画としてキャプチャーする必要があった時のこと。画像処理ソフトで画面をキャプチャーしようとしても、真っ黒の画面しか写らず、さんざん彷徨ったトラブルの経験があるので、メモ書きします。

対処法は、メディアプレイヤーの場合、上部メニューの

ツール⇒ オプション⇒ パフォーマンス⇒ 詳細

と辿り、「ビデオ アクセラレータ」と「DVD ビデオ」にある「オーバーレイを使う」のチェックを外す。これで画面がずれることなく、表示されている通りにキャプチャーできるようになります。

 

オーバーレイとは?

このビデオオーバーレイという機能、どうやらWindows上で動画を描写する際にCPU等の負荷を軽減する為の機能なようです。そのため低性能なパソコンだと、オーバーレイをOFFにして動画再生すると、コマ落ち(パラパラ漫画のようになる)トラブルが頻発するらしいです。

てことは、例え高性能なパソコンでも、余計に付加をかけるので、バックグラウンドの処理(ウイルス対策ソフトの定期スキャンなど)と重なれば、やはりコマ落ちなどが起きる原因になりそうです。なのでキャプチャーが済んだら、オーバーレイをONに戻しておく方が無難でしょうね。

他の動画再生ソフト、例えばQuickTimePlayerなどではオーバーレイではなく「DirectDraw」という機能をOFFにすれば、画面が真っ黒にならず正確に静止画キャプチャーが出来るとか。

もっとも筆者は、QuickTimeは何かとダイアログ等がうざいので、高機能でフリーの「MediaPlayerClassic」や「GOMPlayer」なんかを使ってるので、QuickTimeの挙動は未確認ですが・・・。

   

免責事項&プライバシーポリシー | デジカメデータベース | IT三国志 | HOME
単なるITなど無意味だ
Copyright (C) 2010 pc.nf4hou.com All Rights Reserved.