単なるITなど無意味だ

勝手に世界とナレッジマネジメント

メールの添付ファイルがwinmail.datに化ける問題の原因と対策

筆者宛のメールで、添付ファイルが全然違うファイルに化けて、開く事が出来ないという問題に遭遇しました。添付ファイルはwinmail.datという名前に勝手に変わり、仮にファイルを正常な拡張子(ワードなら.doc)に直しても全く読めません。

そういえば筆者宛のメールに、添付ファイルが無くても「winmail.dat」が引っ付いていたメールがたまにあることを思い出し、調べてみると色々な事が分かりました。これはマイクロソフトのメーラーであるOutlookが抱えている有名なバグだそうで、添付ファイルがwinmail.datに化けるのは

・送信者のメーラーがOutlookで、リッチテキスト形式 (HTMLメール)で送ったときに発生

・受信者のメーラーがアウトルック系以外だと発生

・画像ファイルやPDFファイルでは発生しにくく、MS製のファイル(ワードやエクセル)だと高確率で発生する

といった特性があることが分かりました。要するに、マイクロソフト定番のトラブルである「ユーザーに不便を与えているのに放置されたままのバグ」です。

そしてwinmail.datファイルに化けないようにするには、上記の条件を満たさないようにすることです。但し、アウトルックのようなセキュリティホールの温床であるメーラーを使うなんてことは、絶対にすべきではありません。となると、送信者側がOutlookの設定でリッチテキスト形式(HTML 形式)でメールを送信しないようにするしかありません。

Outlookのメニュー[ツール]⇒[オプション] ⇒[メール形式]⇒「このメッセージ形式で作成する」 の中から 「テキスト形式」 を選びます。しかしこれでもまだwinmail.datファイルが添付されてしまう場合もあります。その場合はアドレス帳を開いて、個別のメールアドレスを選択してプロパティの[SMTP アドレス]⇒[この受信者には Microsoft Outlook リッチテキスト形式で送信する] にチェックが入っていないかどうかを確認します。一応、HTMLメールで送信されたものでなければ、winmail.datに変わることはまず無いようです。

受信者側でファイルを無理矢理読む方法

但し上記の対策は、あくまで送信者側が対策してくれないと、受信者側ではどうしようもありません。メールの受信者側で出来る対策としては、添付化けしたwinmail.datを直接読める状態になれば一番良い訳です。方法の一つとしては、添付化けしたメールをGmailやYahoo!メールに転送する方法があります。GmailやYahoo!メールでは、文字化けしたファイルを元のファイルとして取り出せる機能があるからです。

しかしもっと簡単な方法もあります。それは「Winmail.Opener」というフリーソフトを使う方法です。これは文字通り、winmail.dat問題を解決する為に作られたソフトです。ベースは英語版で、日本語用パッチも用意されているようですが、わざわざパッチを当てる必要もない位、使い方は簡単です。メールに添付されたwinmail.datファイルを一旦デスクトップ等に保存し、Winmail.Openerを起動してドラッグ&ドロップすれば、それだけで文字化けしたファイルが正常なファイルとして読めるようになります。


免責事項&プライバシーポリシー | デジカメデータベース | IT三国志 | HOME
単なるITなど無意味だ
Copyright (C) 2010 pc.nf4hou.com All Rights Reserved.