単なるITなど無意味だ

勝手に世界とナレッジマネジメント

ウイルス感染した時に最初に行うこと

ウイルスに感染した疑いのある場合、まず始めに行うべき行動は、パソコンの「LANケーブル」を抜くことが最優先です。複数台のパソコンをLANで繋いでいる場合は、一台がコンピュータウイルスに感染すると、ケーブル伝いに他のパソコンにも感染が移る危険性があります。また、パソコンが一台だけの場合でも、LANケーブルが繋がっている(=インターネットに接続している)と、個人情報やパスワードなどの重要なデータがネットに流出してしまう恐れがあります。

LANケーブルさえ抜いておけば、たとえウイルスに感染しても、上記のような被害が拡大することを防げます。コンピューターウイルスは、病原体ウイルスとは違って空気感染することは絶対ありませんので。

■参考:いいからまずLANケーブルを抜け!(Web屋のネタ帳)

実例としてベクターや価格ドットコムのトラブルが挙げられていますが、企業のシステムやWEBサイトであろうと、個人のPCであろうと、対処の初動は同じです。まずは最悪の事態を避ける・これ以上被害が広がらないよう、問題のPCやサーバをWEBの世界から隔離することが第一です。個人のPCの場合、まずはLANケーブルを引っこ抜くことです。

筆者も大昔に一度、とんでもなく悪質なウイルス?にPCが犯されたことがあります。ウイルス対策ソフトでは発見されず、ネット回線を通じて一秒間に数十〜百パケットぐらい何かのデータを送信し続けていました。何らかのデータが抜き取られているようでした。

この時は直感的に「何かやばいぞ!」と感じて、LANケーブルを引っこ抜きました。んで、別のウイルス対策ソフトやスパイウェアソフトを使ってみたり、別のPCで症状を検索したりして対策を講じてみました。しかし、ネットに繋ぐと猛烈な勢いでパケット送信を続ける症状は変わらず・・・結局はWindowsを再インストールする羽目になりました。

システムの復元で復旧を試す

筆者のPCはWindows2000だったのですが、これがWindowsXPなら「システムの復元」を使って、感染前の状況に戻せたかも知れません。またシステムの復元の強化版ともいえる、Windowsの復元ソフトも販売されています。この手のソフトを使ってオリジナルのリカバリーCDを作っておけば、システムの復元よりも確実に元のクリーンなWindowsの状態に戻すことが可能だと思われます。

教訓をまとめると・・・

・PCが怪しい挙動を見せたら、まずLANケーブルを抜くべし
・システムの復元など、面倒でもバックアップは定期的に行うべし

って所でしょうか。一つ問題なのは、有線LANでなく、ノートパソコンなどで内蔵型の無線LANを使っている場合。

もしノートPCのハードウェア的な故障で、無線LANのOFFが出来なくなるトラブルに巻き込まれたら・・・そん時はルーターの電源を落とすことです。USBを使うモバイル型の無線LAN機を使っているなら、それを外す。また街中の公衆無線LANスポットを使っている場合は、即座に接続が切れる場所まで離脱すべきです。

   

免責事項&プライバシーポリシー | デジカメデータベース | HOME
単なるITなど無意味だ
Copyright (C) 2010 pc.nf4hou.com All Rights Reserved.