単なるITなど無意味だ

勝手に世界とナレッジマネジメント

Twitterでフォローを増やす方法・基本編

Twitter(ツイッター)では、自分からフォローする人は「どんどん増やす派」と「厳選して選ぶ派」とに分かれますが、どちらが正しいのかは使う人の求めるものや嗜好によります。しかしどういう嗜好にせよ、自分をフォローしてくれる人に関しては、多い方が有利です。

そこでツイッターで自分をフォローしてくれる人を増やす為の基本的な方法を紹介します。

何はともあれ、Twitter上であなたが注目を集めることが必要です。最初は誰しもがフォローワーがゼロの状態からスタートしますから、まずは自分からフォローする人を増やしていく必要があります。

フォロー数と非フォロー数が共に3桁以上・かつほぼ同数になっているような人は、こちらからすれば無条件にフォローし返してくれる人である確率が高いです。まずはこういう人からフォローしていきます。

しかし数を増やして行くには、自分からではなく、先に相手からフォローして貰えるような状況になる必要があります。その際に重要になるのは、自分のプロフィール欄に表示される「名前」と「自己紹介」の内容です。

名前欄は名前だけでなく、インパクトのある肩書きも添えて書くべきです。自分の名前だけ「abc」とか書くのではなく、例えば職業も添えて「IT企業サラリーマン・abc」とか、自分の目標を添えて「abc:役者見習い」とか、あるいは「大阪一のたこやき好き・abc」など自分の特長を出した肩書きを添えるべきです。

こうすることで、一目であなたがどういう人なのかがある程度分かりますので、閲覧者の興味を引くことが出来ます。名前欄には、あなたの職業や趣味嗜好など、何かしらの文面を添えるべきです。

ちなみに名前は本名でなくても全然構いません。本名かハンドルネームかではなく、名前欄に添えられた追加の一言が、閲覧者にはポイントになりますから。

名前と自己紹介で存分にPRすべし!

名前欄と共に重要なのが、自己紹介の欄です。ここは名前欄よりも長い文章が載せられます(最大160文字)ので、より詳しくあなたの人物像を自己PRすべき所になります。

自分の職業などに特長のある人などは、それだけで他人から見れば珍しい人になるので、フォローして貰える確率は高まるでしょう。では一般のサラリーマンなど、平凡で特色のない仕事の人はどうすればよいでしょう?

そういう人は、自分の得意分野や知識・見識の不快分野は何なのかを明確にすることが第一です。ガンダムの知識なら誰にも負けないとか、週末はフットサルに興じているとか、日本酒好きで毎晩飲み歩いているとか、阪神タイガース命!とか・・・自分の趣味や生き甲斐などを書くと良いでしょう。

そして、その趣味についてのことをメインにつぶやいていれば、そのジャンルに興味のある人からのフォローが自然と集まってくるはずです。特に関連するつぶやきをした人の「リツイート」をしたり、そのジャンルのハッシュタグを活用することで、同じ趣味を持つ人達からのフォローは飛躍的に増えていくはずです(これらの使い方については裏技編にて詳しく解説)。

そしてもう一つ有効なPR方法は、プロフィール欄や自分のつぶやきの横に必ず表示されるアイコン画像の設定です。アイコンについては長くなるので、別コーナーに分けています。

   

免責事項&プライバシーポリシー | デジカメデータベース | HOME
単なるITなど無意味だ
Copyright (C) 2010 pc.nf4hou.com All Rights Reserved.