単なるITなど無意味だ

勝手に世界とナレッジマネジメント

Twitterでリプライ(@mentions・リツイート)が消える問題が発生

最近筆者のTwitterアカウントで、リプライ(@mentions・リツイート。他ユーザーの自分宛の発言)のログの一部が、消えて無くなるというトラブルがありました。全部が消えるのではなく、幾つかのリプライ・リツイートが歯抜けになっている状態です。

無論、再読込やブラウザの再起動などしても駄目で、一日経っても問題は直らないままです。公式以外の他のTwitterクライアントを使ってみましたが、結果は同じでした。一時的なバグなのか、データベースから完全に消失したのかは不明です。

直前にもTwitterは、フォローがゼロ人になるバグが発生したばかりでした(解決済み)。しかしこのリプライ・リツイート消失問題は、Twitterの公式ヘルプ⇒不具合情報にも載っていません。つまりこのバグが発生しているユーザーは、残念ながら永遠に解決されない可能性が高いということです。

よしんば問題がTwitter社に認識されたとしても、元に戻るとは限りません。なぜなら、既にリプライされた発言のデータが、既にデータベースから消えている可能性があるからです。ツイッターのサーバが極貧なのはご承知と思いますが、この極貧サーバーシステムが増強されない限り、この手のデータ消失問題は永遠に続くでしょう。

バグ対策には日頃のバックアップしかない?

現状では、我々ユーザーサイドで自衛策を張っておくしか対処法はありません。

Twitterで「重要で残しておきたい」と思うようなリプライ(@mentions)があるなら、ローカルPC内なりBlogなど別サービスにコピペしてバックアップ・保存しておくことです。自分のつぶやき・タイムラインを自動でBlogに投稿するサービスは沢山ありますが、リプライだけを投稿するものは見つかりませんでした(何処かにあるかも知れませんが)ので、面倒ですが自分でコピペしてバックアップするのが最も手っ取り早いと思います。

またリスクヘッジの観点からは、リプライやダイレクトメッセージなどでは、重要なやり取りは行わないのが鉄則です。例えば重要な連絡事項などはTwitterのような信頼度の低いサービスは使わず、バックアップが強力かつ自動で行える、PCメールで行うべきです。

幸い筆者の場合、iPhoneのアプリ「TwitBird」の方には@mentionsのログが残っていたので、それで確認することが出来ました。但しこれも、TwitBirdのキャッシュを消せばおそらく消えてしまうでしょう。何とか復旧方法が無いか探してみます・・・(解決策が見つかれば更新します)。

   

免責事項&プライバシーポリシー | デジカメデータベース | HOME
単なるITなど無意味だ
Copyright (C) 2010 pc.nf4hou.com All Rights Reserved.