単なるITなど無意味だ

勝手に世界とナレッジマネジメント

Evernoteの画像ファイルがiPhoneで劣化する理由と対策

現在、最も優れているナレッジツールとして「Evernote(エバーノート)」を挙げる人は多いと思います。簡単・無料で導入でき、クラウド上でデータを保存、自宅と職場のPC、iPhoneなどのスマートフォンでデータを共有できる優れモノです。

しかし、EvernoteをiPhoneで利用する場合、一つ問題が生じます。PC側から画像をアップロードし、それをiPhoneで見ると、画質が大幅に劣化することです。下の画像は、ブラウザ画面をスクリーンキャプチャーして、Evernoteに貼り付けたものです。PC版で見た場合、左写真のように見たままの状態で表示されますが、これをiPhoneで見ると、右の写真のように画質が劣化し、文字が潰れて表示されます。この現象は、jpeg・gif・pingとどの画像形式でも起こるようです。

 

筆者もこの問題に直面し、設定を変えたりなど散々対策を講じましたが、結局解決せず・・・。調べてみると、どうやらEvernoteの仕様であることが判明しました。iPhoneなどスマートフォン用のEvernote公式アプリでは、携帯のネット回線(3G回線)で使用した場合、回線の負荷を軽減するために、画質を落として表示するそうなのです。ゆえにiPhone版でも、3G回線ではなく無線LAN(Wifi回線)で接続すれば、画質はそのままで表示されるようです。

PDFファイルに画像を埋め込めば画質を保てる

そこで、このエバーノートの仕様を回避して、3G回線でも画質を落とさず画像を見るライフハックを紹介します。

それは、画像を直接Evernoteに張り付けるのではなく、一度画像をPDFファイル形式に直してからEvernoteに添付すると、iPhoneなどのスマートフォンでも画質を落とさずに見ることができます。

PDFといえば本家Adobe社のアクロバットを思い出しますが、最近ではコストゼロでPDFファイルを作ることも可能になりました。例えば、無料のオフィスソフト「OpenOffice」には、作成したファイルをPDF形式で保存する機能も付属しています。ワードファイル互換の「OpenOfficeWriter」で新規ファイルを作り、そこへjpegなど目的の画像を張り付けます。そしてメニューの「ファイル⇒PDFとしてエクスポート」を選択すれば、PDF形式でファイルを保存できます。

このPDFをEvernoteの新規ノートにドラッグ&ドロップすれば、PDFを含んだノートが完成します。この形式なら、iPhoneの3G回線で閲覧しても、画質は劣化しません。

WEBページをPDF形式にしたい場合、「Web2PDF」や「PDFmyURL」などのサイトを利用すれば、そのページをPDF形式で保存できます。ただしこの方法だと、文字のサイズ・折り返しなど、若干ブラウザの見た目とずれることがあります。正確に見た目通りに保存したければ、一端パソコン画面をスクリーンショットで撮り、Picasaなどのフリーの画像ソフトでJPEGやGIFに直し、それをOpenOfficeに張り付ければ、思い通りのレイアウトで保存できます。

   

免責事項&プライバシーポリシー | デジカメデータベース | HOME
単なるITなど無意味だ
Copyright (C) 2010 pc.nf4hou.com All Rights Reserved.