単なるITなど無意味だ

勝手に世界とナレッジマネジメント

iPhoneの格安修理業者の問題と安全性

iPhoneの修理は、基本的にはアップル社へ出すことになりますが、ご承知のようにアップルの修理は極めて高額です。通常iPhoneを修理に出すと、故障部分を修理して返却されるのではなく、新しい端末と丸ごと交換されることになります。液晶割れなどの修理費用は22800円、バッテリー交換のみの場合でも9800円です。

そんなひずみを狙って、民間のサードパーティ修理業者が増えています。例えばiPhoneの液晶画面(タッチパネル)が割れた場合の修理は、アップル純正の修理なら最低でも2万円以上掛かるのが、サードパーティ修理業者では数千円と半額以下で請け負う業者が少なくありません。ここまで金額の開きがあれば、アップル純正の修理など馬鹿らしくて利用する気になれませんよね。コストパフォーマンスでいえば格安修理業者の圧勝ですから、後はこれらの業者を使うことの安全問題やデメリットが無いのかを検討してみます。

まず第一に、民間の修理業者で本体を修理・改造すれば、アップル社のサポート対象外になります。しかしアップルの保証期間は1年ですし、保証期間内でも無償で修理してくれるとも限りません。利用した人なら分かると思いますが、アップルの顧客サポートは何かとケチを付けてきて、有償での修理にさせようとしてきます。

それに、実際のiPhoneの製品としての寿命はせいぜい2〜3年で、大半の人がソフトバンクの2年の端末割賦支払いが済んだあたりで新製品と買い換えを検討するはずです。その点で言うと、サポート期限を延長できる「AppleCare Protection」もiPhoneでは必要ないのでは?

ですから、アップルのサポート保証が受けられなくなることは、購入後1年を過ぎている人にとっては、あまりデメリットにはなりません。

サポート期間超過ならデメリットは無い?

次にサードパーティの修理専門業者の品質は信頼できるのか?という問題です。修理業者では、端末丸ごと新品と交換するアップルの修理システムとは異なり、故障部分の部品だけを交換します。

例えば液晶ガラスの交換では、業者によっては若干画面の色味が変わって見える場合があります。アップルが使用している純正パーツとは異なる液晶を使っているからですが、見え方の差は多くの人が気にならない程度である場合がほとんどです。その他、ボタン類など他の部品の不具合も修理業者を使った方が、コストパフォーマンス的には圧倒的に優秀です。

しかし唯一注意したいのが、電池(バッテリー)を交換する場合です。iPhoneのバッテリー交換は、アップルでは保証期間の1年以内で、かつアップルストアのソフトで検証してバッテリーの消耗度が50%以下の場合のみ、交換の対象とされるようです(それ以外なら有償で9800円)。しかもこの判断はソフトバンクの携帯ショップでは行えない為、端末を一時預かられるか、アップルストアへ直接問い合わせるように言われます。

これに対して修理専門業者では、安価で即日交換を行う所もあります。ところがバッテリーのリチウムイオン電池は、液晶などと違ってそれ自体がエネルギーを持つので、発熱などで他のパーツへの影響する可能性がある部品です。液晶画面が少々色味が違っても本体に問題はありませんが、バッテリーの不具合は他のパーツへ悪影響を及ぼし、最悪の場合iPhoneが発火したり等の安全面での問題発生もありえます。

近年ではリチウムイオン電池は容量も安全面でも進化しており、そこまで深刻なトラブルはまず無いと思います。しかし修理業者でバッテリー交換する場合は、その業者で電池交換した人の口コミ情報をネットで調べるなどして、安全面を調査した上で利用した方が賢明かも知れません。電池自体は安全でも、修理業者の技術面で問題が起こることもありますから。

結論としては、アップルの保証期間(1年)を過ぎている場合は、どうせ正規の修理だと高額になるので、サードパティの修理業者を使ってもほとんどデメリットは無いと思われます。また「AppleCare Protection」で保証期間を延長することは、多くの人にとってあまり得策とは言えないはずです。逆に保証期間内であれば、アップルのサポートと上手に交渉して、無償修理を勝ち取るよう努めるのが得策です。修理業者を使うのは、アップルに無償修理を拒否されてからでも遅くありませんから。


免責事項&プライバシーポリシー | デジカメデータベース | HOME
単なるITなど無意味だ
Copyright (C) 2010 pc.nf4hou.com All Rights Reserved.