単なるITなど無意味だ

勝手に世界とナレッジマネジメント

iPhoneでGoogleマップのストリートビューを見る方法

意外に知られていないようですが、iPhoneに最初から付いているGoogleマップアプリでも、PC版のようにストリートビューを見ることが出来ます。

ストリートビューを表示するには、まずiPhoneのGoogleマップアプリ上で「ピンをドロップ」します。見たい場所の地点を画面の中心に持ってきて、画面右下の紙をめくるようなボタン(左写真の「1」)を押せば、写真のような画面が開き「ピンをドロップ」というボタンが現れます。

ピンをドロップすれば、画面中央に「2」のように紫色のピンが表示され、地図上に吹き出しメニューが表示されます。その吹き出しの左端の人型アイコン(写真「3」の部分)がオレンジ色になっていれば、閲覧可能な場所であることを意味します。その人型アイコンをクリックすれば、右の写真のようにストリートビューが見れます。マップに戻るには、左下の丸い囲みをクリックします。

ストリートビューの使い方 表示できない場合の写真 実際の画面

但しストリートビューは、Google側で撮影済みの場所でのみ表示できます。田舎だったり、都会でも細い路地などで表示できないことがあるのは、PC版と同じです。

そして問題なのは、本来は表示可能な道路でも、ドロップしたピンの位置が道路から少しずれていれば、ストリートビューが表示できないケースがあります(右の写真のように人型のアイコンが黒く表示される)。

一度ドロップしたピンは、ドラッグすることで移動できますから、道路の真上に来るように調整してみてください。

残念ながらiPhone版のストリートビューは、PC版のように表示可能な道路かどうかは事前に判別できません。大きな道路ほど登録されている確率が高いですから、適時ピンを移動させて判別していくしかありません。

余談ですが、ストリートビューを表示して画面を切り替えまくっていれば、電池を猛烈に消費します。iPhoneでは、液晶表示の切り替えや頻繁なデータ通信は、バッテリーの消耗を早めます。ストリートビューでは、この両方を酷使することになりますから、長時間利用する際はくれぐれも電池切れに注意してください。

   

免責事項&プライバシーポリシー | デジカメデータベース | HOME
単なるITなど無意味だ
Copyright (C) 2010 pc.nf4hou.com All Rights Reserved.