単なるITなど無意味だ

勝手に世界とナレッジマネジメント

iPhoneをファイルストレージとして使う方法

iPhoneはデフォルトでは、ファイルストレージ(USBメモリのようなデータ保管装置)としては使えません。同じ外見のiPodTouchやiPodClassicでは、簡単にストレージとして使えますが、何故だかiPhoneではそれが出来ません。せっかく16ギガor32ギガバイトもの大容量メモリを搭載しているのですから、出来ればワードやエクセル、動画ファイルなども閲覧できるように活用したい所です。

iPhoneのストレージ化には、2つのステップが必要です。

まず1つめは、iPhoneにファイルを格納する為のソフトをパソコンにインストールすることです。筆者は「i-FunBox」というフリーソフトを使っています。i-FunBoxを使えば、iPhone内の所定の場所にフォルダを作成したり、ファイルを送信したりが可能になります。使い方は至って簡単、i-FunBoxをインストールした後、iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続して、後はWindowsのエクスプローラーと同様にファイルの追加・移動・削除が出来ます。

以下はi-FunBoxの使用画面です。iPhone内の【Rawファイルシステム】の中にある【DCIM】フォルダを右クリックし「新規⇒フォルダ」と辿って新たなフォルダを作り、そこへPCから必要なファイルをドラッグ&ドロップして入れます。なお【DCIM】内以外の場所でフォルダを作ったりファイルを入れたりすると、閲覧が出来なかったりトラブルの元になりますので、止めた方が良いようです。

ちなみに筆者はかつて「iPhoneExplorer」というフリーソフトを使っていました。しかしこのソフト、アイフォンOSがアップデート(確かバージョン3.1以降)されて以降は、使えなくなりました。どうもソフトのアップデートが滞っているようですね。i-FunBoxでも機能的に何ら不足はありませんから、そちらを使うことで統一しています。

2つめのステップは、保存したファイルを読み取る為のiPhoneアプリをインストールすることです。幾つかのアプリが存在しますが、筆者は「GoodReader」というソフトを使用しています。GoodReaderは元々はPDFファイルの閲覧ソフトとして開発されたそうですが、ワードやエクセルやパワーポイント形式のファイル、htmlファイルや動画ファイルなど、主要なファイル形式の大半に対応しています。

GoodReaderでは【DCIM】フォルダ内のファイルを読み取ることが出来ますので、i-FunBoxでDCIM内にファイルを送っておけば、それでiPhoneストレージ化の完成です!GoodReaderは有料アプリ(115円)で英語メニューのソフトですし、無料でも似たようなことが出来るアプリはあるようです。しかし、使いやすさや対応ファイルの多さを考えると、GoodReaderでストレージ化するのが最も効率的だと思います。AppStoreでのアプリ評価も非常に高いです。


免責事項&プライバシーポリシー | デジカメデータベース | HOME
単なるITなど無意味だ
Copyright (C) 2010 pc.nf4hou.com All Rights Reserved.