単なるITなど無意味だ

勝手に世界とナレッジマネジメント

iPhoneのカメラシャッター音を消す裏技

アイフォンのカメラは性能が悪いとよく言われていますが、筆者は結構満足しています。タップでピント合わせや露出補正ができますし、手ブレ補正機能を備えたアプリなんかも出てまして、結構使い勝手は良いです。また、液晶画面が一般の携帯よりもずっときれいなので、撮った写真を閲覧するにはベストですね!

また、アイフォンのカメラは、通常の携帯カメラと違って、簡単にシャッター音を消すことができる裏技も存在します。

方法は至って簡単、iPodで音楽を再生しながらカメラのシャッターを切れば、シャッター音は鳴りません。ヘッドフォンを差し込まずともiPodの音楽は再生できますので、再生音を最小(無音)にした状態でカメラアプリを立ち上げ、シャッターを押せば良いだけです。但しくれぐれも悪用しないように・・・。

位置情報(ジオタグ)には危険が一杯!

ちなみにiPhoneで撮った写真には、デフォルトで「位置情報」が記録されています。その写真を撮影した場所が、iPhoneのGPS機能を通じて「ジオタグ」という情報に盛り込まれ、写真に記録されるのです。MACならデフォルトで、Windowsでも一部のソフト(Picasaなど)を使えば、この位置情報が分かってしまいます。

つまり、自宅や家族の写真などを写真共有サイトなどにアップロードする場合、位置情報からあなたの名前や自宅の住所などが突き止められてしまう危険性もあります。

位置情報を記録させずに写真を撮る方法は、iPhoneの「設定→一般→位置情報サービス」の項目をOFFにします。これでアイフォンで撮影した写真に、位置情報が記録されなくなるので安心です。

但し、OFFにしたままだと他のアプリケーションでも位置情報を利用できませんし、いちいち設定し直すのも面倒です。そこで「設定→一般→リセット⇒位置情報サービスのリセット」をすれば、次回カメラアプリを起動した時に「"カメラ"は現在の位置情報を利用します。よろしいですか?」と警告が出ますので、ここで「許可しない」にしておけば、以後カメラで撮った写真に位置情報は記録されなくなります。

既に位置情報付きで撮ってしまった写真の修正方法は、例えばPicasaなら「ジオタグをクリア」という処理をすれば、位置情報だけを消去できます。無論、一般の画像編集ソフトでも、画像の形式を変えて最保存してやれば、位置情報は消える(はずです)。

   

免責事項&プライバシーポリシー | デジカメデータベース | HOME
単なるITなど無意味だ
Copyright (C) 2010 pc.nf4hou.com All Rights Reserved.