単なるITなど無意味だ

勝手に世界とナレッジマネジメント

パソコンの騒音の対策方法

筆者のメインマシンはマウスコンピュータ製の安物(約8万円)ですが、購入後1年半経った最近では何かと五月蠅い異音を発するようになってきました。

そもそもハードディスクが尋常じゃなく五月蠅かったので、わざわざ5インチベイを一つ潰してお弁当箱(スマートドライブ)に入れてました。今回はCPUファンの交換をしました。

当然そんな安物PCですから、CPUクーラーはリテールファンなので五月蠅い訳です。ただこのPCはCPU上のスペースに巨大な吸気ダクトが付いており、背の高いCPUクーラーは使えません。まあこのダクト自体を引っぱがせば、14センチ強の高さのファンまで使えそうですが、そうすると今度はCPUクーラーの取り付けが面倒です。大型のクーラーはほとんどがマザーボードを引っぱがして裏からネジ止めする形式ですが、このマウスコンピュータ製の筐体は色んなパーツが入り組んでて、マザーボードを筐体から剥離するには全てばらさねば成らず、そんな面倒なことはしたくありません。

結局は1680円という格安のCPUファンを購入。こいつはリテールクーラーと同様、ボタン式のピンで着脱するクーラーなので、非常に楽です。格安品ですが、それでも現状のリテール品よりも大分と静かになりました。

しかし今度は「ヴーン」といううなり声のような重低音?低周波?の騒音がし始めます。いや、この低周波の騒音は以前からしていて、それが一層酷くなったような気がします。

ケースが共振(共鳴)する場合の対策

色々調べていると、どうやらこの重低音はアルミ製のPCの筐体(ケース)が共振して共鳴音?が鳴っているようなのです。こういう共振系の騒音は、冷蔵庫などの家電やオーディオ機器などでもよくある話だそうで「ビビり音」などと呼ばれるそうです。現に筐体を外部から万力の如く締め付けてやれば、この重低音系の騒音は大部とマシになります。

結局は、PCラックとの間に本をかまして、上下から挟み込んで押さえつける形を取ることで、神経質な筆者でも気にならないレベルまで騒音を激減させられました。またホームセンターなどで売っている「共振シート(鉛シート)」も有効なようです。これも原理は単純で、共振する部分に重さを与えてやることで、振動を減らす物です。

オトナシート

筆者は「オトナシート」というシート(上写真)を買い、PCケースの内側に貼り付けましたが、これもかなり共振を抑えてくれます。ちなみに「オトナシート」は東急ハンズで2520円で買いましたが、この手の商品はホームセンターでは売っていないことも多いです。例えばコーナンでは普通の店舗ではなく、「コーナンプロ」という大工さんなども通う大型の店舗に行けば扱っていることが多いそうです。

   

免責事項&プライバシーポリシー | デジカメデータベース | HOME
単なるITなど無意味だ
Copyright (C) 2010 pc.nf4hou.com All Rights Reserved.